一の鳥居(いちのとりい)
 東照宮の入口に立つ石造の鳥居。高さ9m、柱径約1m、花崗岩の巨石で造られた石造では日本最大のもので、京都八坂神社、鎌倉鶴岡八幡宮と合わせて日本最大石鳥居と呼ばれる。1618年(元和4年)に筑前藩主黒田長政が奉納したもので、正面には御水尾天皇の直筆といわれる東照大権現の勅額が掲げられている。柱は2本つなぎ、笠石は3つの石を組んだ耐震構造。
一の鳥居