二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)
 東照宮造営以前は二荒山信仰によって山内の中心をなしていた。現在の建物は、1619年(元和5年)、2代将軍秀忠の寄進によって桃山調の社殿に建て替えられたもの。
 主神は二荒山(男体山)の神、妃神は女峰山の神、御子神は太郎山の神を祭る。そして男体山をはじめとする日光連山は山霊の鎮まる御神体とされ、山頂には奥宮が祭られている。日光連山を含む34haの境内は伊勢神宮に次いで広いもの。
二荒山j神社