輪王寺宝物殿(りんのうじほうもつでん)
 三仏堂の正面にある入母屋造の建造物。輪王寺の各堂から集められた、奈良時代来の仏像、工芸品、書画など約2万点を収蔵、展示している。
 中でも勝道上人愛用という鉄錫杖や徳川家の家紋である三葉葵の紋入り蒔絵調度品、梵字入り華蔓など輪王寺の歴史を感じさせ興味深い。
輪王寺宝物殿