五重塔(ごじゅうのとう)
 一の鳥居をくぐったすぐ左手、杉木立と並ぶように立つ。1650年(慶安3年)に小浜藩主酒井忠勝が奉納したが、1815年(文化12年)に焼失、現在の塔は1818年(文政元年)に酒井忠近が再建したもの。高さは35m、四方5.3mで外観は朱塗り、各層の屋根は銅瓦葺き。初層から4層までが和様でまっすぐな二重垂木、5層だけが扇形に広がる唐様になる。
 各層に極彩色の彫刻が施され、中でも初層の蟇股の彫刻はじっくりと鑑賞したい。これは12支の彫刻で、左回りに方位を表している。内部には重要文化財の大日如来像を安置しているが非公開。
五重塔