大猷院廟(だいゆういんびょう)
 徳川3第将軍家光の霊廟大猷院とは、太政大臣、正一位の位と共に朝廷より贈られたもの。 家光公は、祖父である家康公を心から深く尊敬し、1651年(慶安4年)4月20日、江戸城で亡くなる間際、「死んだ後も東照大権現(家康公のこと)にお仕えする」という遺言を残した。
 その遺志を受けた4代将軍家綱公の命によって、家光公の死の翌年2月16日に起工。わずか1年2か月後 の1652年4月4日に家光廟大猷院が完成した。 大棟梁、平内大隅守応勝が腕を振るった江戸時代初期の代表的建築である。建物は本殿、 相の間、拝殿が国宝となっているほか、唐門、 夜叉門など重要文化財も多い。
 家光公が東照宮を模倣することをはばかったので、東照宮とはまったく違う趣となっており、目立たない部分に技巧が凝らされているのが特徴。地形を利用した配置も、大猷院ならではである。東照宮の建築が白と金を基調にして、黒の縁取りをしているのに対して、大猷院は金と黒が基本で、縁取りは赤。金箔も東照宮より赤みがかったものを使用している。 大猷院の建物は東照宮に向いている。これは、家康公に対する家光公の強い思慕の念を示している。
大猷院