ポケットパーク・モニュメント『ユニオン』完成記念式典(5月10日)

5月10日ユニオン通りポケットパークにてモニュメントの完成記念式典が行なわれた。 このモニュメントは商店街の名前にちなんだ「融合・団結」をコンセプトにしており、宇都宮市出身の彫刻家高橋靖史さんに依頼し完成したもの。 作品は、ユニオン通りが過去に5つの商店街が団結して設立された経緯から、ブロック5個を積み上げることで商店街の成り立ちを表現したもの。

作家 高橋靖史氏の経歴
1962年1月15日
栃木県宇都宮市に生まれる。
1984年・・・22歳
宇都宮大学教育学部美術科卒業
1986年・・・24歳
筑波大学大学院修士課程芸術研究科彫塑修了
1987年〜1989年・・・25歳〜27歳
パリ国立高等美術学校留学
1988年〜1989年・・・26歳〜27歳
パリ国際芸術都市滞在
1994年・・・32歳
アーチスト・イン・レジデンス・ひので滞在
1995年〜1996年・・・33歳〜34歳
Est-Nord-Est彫刻センター滞在(カナダ・ケベック州)
1996年・・・34歳
スカルプチャースペース滞在(USAニューヨーク州)

受賞歴
栃木県芸術祭奨励賞(1982年)
ハイネケン アーティスト サポート プログラム(1992年)
栃木県文化奨励賞(1997年)
第29回現代日本美術展 佳作賞(2000年)
ポロック・クラズナー財団賞(2001年)
第1回宇都宮エスペール賞受賞(2001年)


宇都宮市長 福田富一

宇都宮ユニオン通り商店街振興組合理事長 清水安


宇都宮市商店街連盟会長 柿沼賢

宇都宮まちづくり推進機構理事長
宇都宮商工会議所会頭 簗郁夫

感謝状授与

除幕式の様子

彫刻家 高橋靖史 ユニオン通り商店街振興組合前理事長 伊藤宣秋