【第9回星の砂賞】の優秀賞及び審査員特別賞が決定しました!たくさんのご応募有難うございました。

 参加作品一覧
 一般部門 高校生部門
 開催概要

【優秀賞】 (賞金10万円/賞品 図書カード3万円分)

(一般部門) (賞金 10万円)
作品名:グローリーデイズ
著者:那柚

■受賞者コメント
ずっと書いてみたいと思っていたラブコメに初挑戦して、まさかこんな素敵な賞が頂けるなんて、思ってもみませんでした。応援して下さった皆様、本当にありがとうございます。楽しい恋愛小説で何かを伝えたい!そんな思いでこの作品を書きました。途中、お話に行き詰まり、応募を諦めかけたのですが、諦めずに書き上げて、本当に良かったと思っています。未熟で拙い物語ではありますが、ふっと起こる笑いの中に、皆様それぞれの『何か』を感じて頂けたら…と、願ってやみません。この度は、本当にありがとうございました。

■星の砂選考委員会からのコメント
一人称視点のくだけた文章は誰にでも読み易く、主人公の美桜を通して、まるで本当に過去を体験しているかのような印象を読者に与えます。携帯やスマートフォンの無い時代にタイムスリップしてしまうという設定を用いて、自分の気持ちを言葉にして伝えることや、家族の絆の強さなど、様々なメッセージが読み取れる作品です。現役の高校生には新鮮さを、かつて高校生だった読者には懐かしさを生む、幅広い年齢層が楽しめる作品ではないでしょうか。よって、本作品を「第9回星の砂賞」一般部門の優秀賞に決定いたしました。 

(高校生部門) (賞品 図書カード3万円分)
作品名:疼ぐ私と微笑む柊
著者:小林春香

■受賞者コメント
このような賞に選んで頂きありがとうございます。物語に登場する柊さんにはモデルとなった方がいらっしゃって、その方への想いを元にこの話を創らせて頂きました。色んな思いを込めて書いたので、読んでくださった方に少しでも伝わっていれば幸いです。
ありがとうございました。

■星の砂選考委員会からのコメント
大きな事件や派手な展開を用いることなく進む物語に、作者の筆力の高さを感じます。強い後悔の想いから自分の進む道を決めた主人公の、ややもすれば不器用ともとれる真摯な思いに、読者ははっとさせられるのではないでしょうか。柊さんとの出会いを通じて、後悔から希望へと変わる心理の変化が無理がなく描かれておりました。柊の「先見の明」という花言葉を胸に、もっと成長しようという想いは読者に勇気を与えます。静かな力強さを秘めた作品です。よって、本作品を「第9回星の砂賞」高校生部門の優秀賞に決定いたしました。

【審査員特別賞】
  (通販「あるよ」から5千円分商品)


(一般部門)
作品名:たまゆらの少女 〜見つめる影〜
著者:朔雲みう
作品名:ファミリーレストラン
著者:キラーメガネ

作品名:君の数字
著者:ジェリージュンジュン
作品名:機械仕掛けのセンティメント
著者:鳴巳

作品名:待ちぼうけの終わる日
著者:クナリ

作品名:過ぎ去りし日々の思い出
著者:まんぼう

作品名:コトノハ
著者:一樹溟


【QUOカードプレゼントご当選者 5名様】
※読者投票でレビューを入れてくれた人の中から抽選で5名様にQUOカード500円分をお送りします。
湖汐 涼  ぱんだ祭り 如月 灯名 桐谷神兵  夏椿

『星の砂選考委員会 総評』
今回の「第9回星の砂賞」では、50ページ以内の作品を募集致しました。ページ制限が前回の30ページから50ページにまで増えたことで、表現の幅が大きく広がったのではないでしょうか。投稿作品の質も、全体的に上がったような印象を受けました。
最終的に各部門合わせて80作品が集まり、またその中には初参加の方も多く、星の砂メイン企画として非常に大きな盛り上がりを見せました。
そして今回も皆様からたくさんの投票とレビューをいただき、審査の上で大いに参考にさせていただきました。受賞作品の選考にあたり、候補の作品は甲乙付けがたく、選考は非常に難航いたしましたが、今回は上記の9作品を選出いたしました。
次回もさらなる素晴らしい作品を期待しております。