【第8回星の砂賞】の優秀賞及び審査員特別賞が決定しました!たくさんのご応募有難うございました。

 参加作品一覧
 一般部門 高校生部門
 開催概要

【優秀賞】 (賞金10万円/賞品 図書カード3万円分)

(一般部門) (賞金 10万円)
作品名:隠夜の鬼
著者:朔雲 みう

■受賞者コメント
この度は素晴らしい賞をいただきまして、ありがとうございます。
初めて『隠れ鬼』という言葉を聞いた時、その言葉の響きにとても強く惹かれました。
いつか『隠れ鬼』を題材にした物語を書いてみたい、『隠れ鬼』だから『鬼』が登場する物語にできたらいいな……そんな想いが、このようなかたちで叶ってとても嬉しく思います。
読んでくださった方が、この物語を通して様々な『愛』や『絆』に触れることができましたら、作者としてはこの上ない幸福です。
この度は本当にありがとうございました。

■星の砂選考委員会からのコメント
隠れ鬼という設定を用い、人間社会と隣り合うようにして存在する非日常の世界が非常に幻想的に描かれており、読み手を違和感なく物語の世界へと誘います。人間の少女を主人公に据え、鬼の少年の秘密が徐々に分かっていくことで、母親を求め続ける鬼の少年の悲哀がよりいっそう際立ちました。隠れ鬼を通じた出会いを経て、長い夢から醒めるような別れまでの構成も素晴らしく、切なくも救いのあるラストは読み手に爽やかな読後感を感じさせます。夏という季節設定も非常に効果的でした。よって、本作品を「第8回星の砂賞」一般部門の優秀賞に決定いたしました。

(高校生部門) (賞品 図書カード3万円分)
作品名:I want to ...
著者:小林春香

■受賞者コメント
素敵な賞に選んでいただきありがとうございます。
あまり時間が無い中だったので多少の書き足りなさはありますが、今回の事を励みにまた創作活動に打ち込んでいきたいと思います。
ありがとうございました。

■星の砂選考委員会からのコメント
海の妖精と空の妖精の暮らす世界という独自の世界観の説明が無理なく展開し、読者をすっと物語に引き込みます。自らの命を投げうってまで、憧れ続けた世界を垣間見たい、抱き続けた夢を叶えたいというチェーロとマーレの強い想いに胸を打たれ、生きることについて改めて考えさせられました。ラストシーンは妖精たちの儚さが際立ち、刹那的な美しさを感じさせます。妖精という、童話やファンタジー的な設定を用いながらも、生と死というある種の哲学的なテーマを秘めている作品でした。よって、本作品を「第8回星の砂賞」高校生部門の優秀賞に決定いたしました。

【審査員特別賞】
  (通販「あるよ」から5千円分商品)


(一般部門)
作品名:向井川と申します。
著者:奈木野ここち
作品名:ハロウィンの夜の訪問者
著者:神在琉葵

作品名:飛べない翼
著者:瑠輝愛
作品名:ニセ者サンタと魔法の葉っぱ
著者:すずめ

作品名:絶対外れる馬券術
著者:島田信之

作品名:孤独の罰・情の痛み
著者:ユキ

作品名:とあるハロウィンに
著者:しいな


【QUOカードプレゼントご当選者 5名様】
※読者投票でレビューを入れてくれた人の中から抽選で5名様にQUOカード500円分をお送りします。
HIME  蓮川鮎 鳴巳 みるくさん  那柚

『星の砂選考委員会 総評』
今回の星の砂賞は、30頁以内の中編を募集する企画でした。長いようで短い30頁という限られた分量の中で、物語の起承転結といった要素の配分を考えなくてはなりません。ゆえに、世界観の説明や登場人物の紹介に分量を割きすぎるとあっという間に頁が無くなってしまいます。設定された分量にピタリと収める能力も問われた企画であったのではないでしょうか。また、今回も皆様からたくさんの投票とレビューをいただき、審査の上で参考にさせていただきました。出揃った作品は甲乙つけ難く、選考に携わる者の頭を悩ませましたが、今回は上記の9作品を選出いたしました。次回もさらなる素晴らしい作品を期待しております。