【第2回童話と絵本コンテスト】の優秀賞及び審査員特別賞が決定しました!たくさんのご応募有難うございました。

 参加作品一覧
 【童話部門】
 開催概要

【優秀賞】 (各部門・賞金5万円)

【童話部門】 (賞金5万円)
作品名:涙の雫〜マコとチッチ〜
著者: うさこ

■受賞者コメント
 この度は、優秀賞という素晴らしい賞を頂きとても驚いていると同時に、この作品を読んで下さった全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。このコメントを書いている今も手が震えています。童話というジャンルに挑戦したのは初めてでした。大人になるにつれ大切なことを少しずつ忘れていく気がします。純粋な心、信じること、それはとても難しいことです。マコとチッチを通して多くの方にメッセージを届けられた嬉しいな、大人の方はもちろん小さなお子様にも読んで頂けたらという思いで書き上げました。これからも心に響く作品が書けるよう頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。
■星の砂選考委員会からのコメント
 小人と人間の異種間交流を描いた童話。 読み手に優しく語りかけるような文章は、子供向けと思わせるものでしたが、内容は大人でも十分楽しめる物語でした。 一概にハッピーエンドとくくるには難しく、読み手に一種の問題提起をした終わり方だったのではないかと感じられました。「一方に敵意がある場合、果たしてもう一方はどうするべきか?」そんな疑問が沸くものでした。 この疑問に関しては世界共通の永遠のテーマなように思えます。子供も読める物語で、そのような問題に結びつくのは童話の枠を超えた素晴らしいものに感じられます。 以上の観点から、本作品を「第2回童話と絵本コンテスト」【童話部門】の優秀賞に決定いたします。

【絵本部門】 (賞金5万円)
作品名:小さいえんぴつ
著者:もん

■受賞者コメント
 誠にありがとうございます。 優秀賞というとても素晴らしい賞をいただいてとても嬉しいです。 童話と絵本コンテスト審査員の皆様、私の作品を応援してくれてる方々に厚く御礼申し上げます、ありがとうございます。 自分なりに、作品の中身・雰囲気を考えて描きました。 本作品は「物を大事に使う」をテーマにして、「鉛筆」からそれを自分なりに伝えてみようと描きました。もし作品がお役に立てることがあれば、光栄でございます。 日々進歩していこうとおもいます。 私は今後も作品作りを続けていきたいとおもいます、本当にありがとうございます。
■星の砂選考委員会からのコメント
 身の回りの何気ないアイテム“えんぴつ”を題材にした物語。 “小さい”“汚い”といった言葉をマイナスに捉えるのではなく、プラスのイメージ“名誉”なことであると言う新たな価値観を読む側に与えるお話となっています。 これにより、物を大切にすることや、新品でない中古品に対する悪いイメージの脱却、年長者に対する敬う心と言った、道徳的な精神を培う役割も果たしているのではないかと思われます。 以上のことから、子供に是非読ませたい作品として本作品を「第2回童話と絵本コンテスト」【絵本部門】の優秀賞に決定いたします。

【審査員特別賞】
  (通販「あるよ」から1万円分商品)


【童話部門】
作品名:夏の思い出
著者:国語ラボラトリー
作品名:迷子のお月さま
著者:一樹溟
作品名:けんちん汁の恩返し
著者:川谷 月子

【絵本部門】

作品名:Another world
著者:K


【QUOカードプレゼントご当選者 5名様】
※読者投票でレビューを入れてくれた人の中から抽選で5名様にQUOカード500円分をお送りします。
杜若 ポンポン たくあん きなこ 如月 灯名

『星の砂選考委員会 総評』
 第2回目となる本企画ですが、今回はより完成度の高い作品が多く集まったような印象がありました。そのため、選考も若干難航ましたが、最終的には満場一致の選定ができたのではないかと思われます。 受賞暦があるユーザーはやはり、作品を作るのが巧みで、内容に深みがあり読み応えがありました。新しいユーザーも各々独自の趣向を凝らした作品が多く、作風に新たな発見があり審査側も純粋に物語を楽しむことができました。 童話なのかファンタジーなのか、子供向けなのか大人向けなのか線引きは難しいですが、やはりどんなジャンルや対象のものも面白い作品は目を引きます。 次回のコンテストでも今回以上の素敵な作品が現れるのを期待するところです。