【第6回星の砂賞】の優秀賞及び審査員特別賞が決定しました!たくさんのご応募有難うございました。

 参加作品一覧
 一般部門 高校生部門
 開催概要

【優秀賞】 (賞金10万円)

(一般部門) (賞金 10万円)
作品名:背中越しのティータイム
著者:たんぼず

■受賞者コメント
この度は「背中越しのティータイム」を優秀賞というとても素敵な賞に選んで頂き、ありがとうございました。お話は架空の国が舞台のファンタジーですが、魔法があるわけでも冒険物語でもなく、ただ日常の延長です。 主人公のアリッサは辛い境遇にも負けず、自分の力で道を切り開いてゆきます。この作品を読んでくださった方々が小さな勇気を持ってもらえたら。そんな思いを込めて書きました。 雨が降った後は必ず太陽が顔を見せるように、今はつらくとも、きっと希望はあるのだと信じています。
■星の砂選考委員会からのコメント
異世界ファンタジー作品が優秀賞を受賞するのは初だと思われます。それでも受賞に至ったのは、登場人物の心情と合わせて作りこまれた国の詳細な設定に引き込まれたからです。単純でもなく小難しくもなく、すんなり入り込める読む人に優しい世界観は好感が持てます。最後のオチは予想がつくものの、努力の末に手に入れる幸福はシンデレラストーリーと言うよりサクセスストーリーとして読者の共感を得る物語だったのではないかと思われます。以上を理由に、本作品を「第6回星の砂賞」一般部門の優秀賞に決定いたします。

(高校生部門) (賞金 図書カード5万円分)
作品名:銀月の調べ
著者:水麗香

■受賞者コメント
この度は素晴らしい賞を頂きましてありがとうございます。学校で合間合間にルーズリーフに書きためた初めての小説が、まさかこのように公開でき、評価して頂けるとは夢にも思っていませんでした。実はこの作品の主人公の性格のモデルは疲れている時の私です。そんな私でも本作を仕上げられたのは星の砂様、読者の皆様、学校の友達のお陰です。本当にありがとうございました。
■星の砂選考委員会からのコメント
冒頭の友の裏切りは、執筆者が学生ゆえか、リアリティ抜群でした。類似した経験を持つ読者であればドキりとするものではないでしょうか?金髪少女とお互いの名前を決め合うくだりは新鮮に感じられ、また、名前に込められた意味を知った主人公の喜びは、彼女が通う学校では得られない体験だったのではないかと思います。学校がいかに狭いフィールドか思い知らされます。そして金髪少女が月の精ではなく人間であるという最後のオチは、現実で生きることへの希望を与えているのではないでしょうか?真の友は必ずいるということを教えてくれる良作でした。よって、本作品を「第6回星の砂賞」高校生部門の優秀賞に決定いたしました。

【審査員特別賞】
  (通販「あるよ」から1万円分商品)


(一般部門)
作品名:幸せの三つ結び
著者:神在琉葵
作品名:二次元◇限定彼氏!
著者:七瀬椋
作品名:潮騒の答え
著者:鳳家実秋
作品名:愛してもいいですか?
著者:橘智一

作品名:I love you...大好きな君へ。
著者:抹茶ぱふぇ*゚

作品名:白い檻
著者:ゆきしぐれ
作品名:旅は道連れ
著者:遠山海月

(高校生部門)
作品名:18センチ
著者:一樹溟


【QUOカードプレゼントご当選者 5名様】
※読者投票でレビューを入れてくれた人の中から抽選で5名様にQUOカード500円分をお送りします。
たんぼず 鳳家実秋 ハチムラ リン YOKKE アクア

『星の砂選考委員会 総評』
今回の第6回星の砂賞では、童話やファンタジー、そして青春物など、ジャンルが多岐にわたりました。偏りがちな恋愛ジャンルもそれにプラスアルファしてなんらかの要素が含まれ、単純な恋愛ものにはさせない濃密な小説に仕上がっていました。また、今までの企画では見受けられなかった重厚な作品もあり、驚かされつつも感服し、そのため今回は審査にかなりの時間を要しましたが、満足のいく結果となりました。成長する既存作家さんに新しい作家さんなど、回数を重ねるごとに賑わいを見せる「星の砂賞」ですが、次はどんな発見があるのか次回の「星の砂賞」に期待したいところです。