日本列島妖怪短編集

もののけの国


  • 青砥 十

STORY

ストーリー

 開架中学一年、生徒会所属、有能なる書記のふみちゃんは時代が違えば歴史上の文化人と肩を並べるほどの人物となり、日本各地の妖怪たちに出くわすほどの猛者にだってなれただろう。
 そんなふみちゃんを律儀に見守る、一年先輩の生徒会所属、平凡なる会計の数井くん。
 二人の平穏な生活を少し揺らす不思議現象が学校や旅行の行く先々で巻き起こる。

 北は北海道から、南は九州まで、日本列島各地に出没する妖怪たちにまつわる奇譚を書き綴った、ゆるふわ妖怪小説短編集、現る。

 妖怪に詳しくない方にもおすすめ! ぜひふみちゃんに癒されてください。

CHARACTERS

キャラクター紹介

出雲ふみ(いずも・ふみ)
開架中学一年、生徒会書記。国語好き。家が神社で、不思議なものが見えてしまう女の子。図書館に毎日通うほど本が大好きで、花柄のしおりを愛用している。
数井三角(かずい・みかど)
開架中学二年、生徒会会計。数学好き。ふみちゃんのお世話係りらしい。理屈っぽい。眼鏡をいくつ持っているか疑問を感じるほど眼鏡をよく新調している。
花房英淋(はなふさ・えいりん)
開架中学二年、生徒会副会長。英語好き。留学経験があるため、年齢は数井くんのひとつ上だが、学年は一緒。家族想いで、ローズパレッタと紅茶がよく似合う。
屋城世界(やしろ・せかい)
開架中学三年、生徒会長。歴史好き。陸上部のエースで、年中日焼けしている健康優良児。面白いことが好きで、強引ながら周りを巻き込んでいく驚異の行動力がある。
屋城銀河(やしろ・ぎんが)
屋城世界の姉、大学生。大学では気象学を学んでいる。交友範囲がやたら広いアウトドア派。奥手そうな少年少女を見ると構いたがる。初対面でもなれなれしい。
数井円花(かずい・まどか)
数井三角の妹、開架小学校六年生。天性の慌てんぼうで、想像を超えるドジを連発するのが日常茶飯事。丸い眼鏡と丸い玉の二個付いたヘアゴムがお気に入り。

DETAILS

この本について

タイトル 日本列島妖怪短編集
もののけの国
著者
  • 青砥 十(あおと・みつる)
公開サイト 電子書籍 星の砂文庫

CONTENTS

内容紹介

1. 北海道妖怪奇譚 後輩書記とセンパイ会計、北方の小人に挑む
2. 青森妖怪奇譚 不二先生の処方箋 根比べ
3. 岩手妖怪奇譚 後輩書記とセンパイ会計、異界の旧家に挑む
4. 福島妖怪奇譚 後輩書記とセンパイ会計、宙吊の妊婦に挑む
5. 栃木妖怪奇譚 百眼美粧
6. 東京妖怪奇譚 後輩会計とセンパイ会長、休日の釣堀に挑む
7. 千葉妖怪奇譚 後輩書記とセンパイ会計、栄螺の対決に挑む
8. 新潟妖怪奇譚 雪夜の赤子攫い
9. 長野妖怪奇譚 女神湖の黒雲
10.愛知妖怪奇譚 お布団にやられた話
11.福井妖怪奇譚 後輩書記とセンパイ会計、永遠の若狭に挑む
12.大阪妖怪奇譚 後輩書記とセンパイ会計、無念の骸骨に挑む
13.広島妖怪奇譚 もみじのお返し
14.徳島妖怪奇譚 片目鬼の武勇伝
15.福岡妖怪奇譚 後輩書記とセンパイ会計、筑前の壁ドンに挑む
16.熊本妖怪奇譚 後輩書記とセンパイ会計、存在の主張に挑む

READ NOW

試し読みはこちらから

第一話「北海道妖怪奇譚 後輩書記とセンパイ会計、北方の小人に挑む」を無料で試し読み頂けます。

※スマートフォンの場合は専用ビューワーアプリ(無料)にてご覧下さい



CREATED BY

作者紹介

  • 著者 青砥 十 あおと・みつる
    幻想、冒険、青春などをテーマにした小説を書いています。子供の頃から妖怪が大好きで、日本中の妖怪奇譚を書き綴りたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

INTRODUCE

星の砂文庫のご紹介

「日本列島妖怪短編集 もののけの国」第二話以降は「星の砂文庫」に月額会員登録頂くことでお楽しみ読み頂けます。

「星の砂文庫」は宇都宮ケーブルテレビ㈱が運営する電子書籍サイトです。主に小説コンテストで受賞した作品を厳選して掲載しております。そのため、掲載作品の多くがここでしか読めないオリジナルながら、質の高いラインナップとなっております。ご利用料金は定額制、月額300円で全ての作品が読み放題! ぜひ、「星の砂文庫」に登録頂き「日本列島妖怪短編集 もののけの国」の続きをお楽しみ下さい!


RECOMMEND

おすすめ作品紹介

「星の砂文庫」で読める作品のほんの一部をご紹介します。

待ちぼうけの終わる日
飼い犬だけが友達。そんな中学1年生の私はある日、その犬を車にはねられてしまう。混乱する私の傍に、一人の男の子がいた。少し年上らしい彼は、ある秘密を私に打ち明ける。それは私にとって、掛け替えのない出会いだった。
蝸牛の誘鬱
課題実験の為に捕まえられていたカタツムリのせいで、私の気分は鬱々としたものになった。いきなり聞こえた彼らの声。知らないふりをしていたらよかった。私の身に起きた少し不思議で、なんだかよく分からない出来事。
永遠のKISS
女子大生の莉緒は、初めてのホストクラブで紫苑という男に出会った。
様々な出来事から紫苑への猜疑心や不安で押しつぶされそうになる莉緒だけど、やがて本当の自分の気持ちに気付き……。
少女から刺されたナイフの傷は浅い
小説家を生業にする僕は、数年振りの帰省でとある少女に出逢う。
カッターナイフで刺されると、結構痛い。
そんな当たり前のことを、彼女は僕に教えてくれた――
マヒルノジョウジ
人の名前の中には「ふざけて付けたんだろう」としか思わずにはいられないものが有るものだ。だけど俺の名前ほど、強烈なものは無いだろう。どんな名前かって? その名は――
最初から誰もいない
学校で交わされる「未来日誌」の噂。そこへ書き込んだことは全て現実となる――そんな夢みたいな話が実しやかに囁かれる中、日記の存在を疑いつつも話のネタにしようと考えていた眞都は……。

この他にも「星の砂文庫」でしか読めない作品多数! 「星の砂文庫」で読み放題を楽しもう!