小説家のたまご 星の砂 芥川賞作家があなたの小説を審査!

芥川賞作家があなたの小説を審査!

芥川賞作家・三田誠広先生が、小説投稿サイト「小説家のたまご 星の砂」のコンテスト「星の砂賞」の審査員としてあなたの小説を審査・採点致します。

三田誠広先生プロフィール

1948年6月18日生まれ。早稲田大学第一文学部卒。広告プロダクションでの勤務を経て1977年、『僕って何』で芥川賞受賞。日本文藝家協会副理事長。日本ペンクラブ理事。著作権情報センター理事。日本点字図書館理事。武蔵野大学教授としても活躍中。

主な作品

『僕って何』『日常』『命』『デイドリーム・ビリーバー』『いちご同盟』『地に火を放つ者』『鹿の王』『釈迦と維摩』『桓武天皇平安の覇王』『空海』『永遠の放課後』『日蓮』『西行月に恋する』『阿修羅の西行』『青い目の皇子』『新釈白痴書かれざる物語』『道鏡悪業は仏道の精華なり』『新釈悪霊神の姿をした人』『菅原道真見果てぬ夢』『偉大な罪人の生涯続カラマーゾフの兄弟』『聖徳太子世間は虚仮にして』

小説家のたまご 星の砂とは?

小説投稿サイト『小説家のたまご 星の砂』は宇都宮ケーブルテレビ(株)が運営するサイトです。2008年に「ケータイ小説&コミック 星の砂」という名称で、“ケータイ小説”投稿サイトとしてスタートしました。

その後時代の流れに伴い、「小説家のたまご 星の砂」に改名。ジャンルにとらわれない総合的に質の高い作品を募集するようになりました。

現在、小説家のたまご 星の砂では「星の砂賞」「ショートショートコンテスト」「4コマまんが祭り」など、毎月のように企画を開催しています。受賞者には賞金・賞品を進呈するとともに、受賞作品はAmazon Kindleストアにて電子書籍出版されます。

第18回星の砂賞

  • 芥川賞作家が審査

    芥川賞作家・三田誠広先生があなたの作品を実際に読んで審査します。優秀作品には選評もございます。

  • 最高賞金100,000円

    一般部門の優秀賞は賞金10万円。その他、通販ギフトや図書カードなど、受賞者には素敵な商品を進呈します。

  • 電子書籍化確約

    受賞(優秀賞・審査員特別賞・その他)に至った作品はもれなく、「Amazon Kindle」ストアにて電子出版されます。


「星の砂賞」は、優秀賞賞金10万円の「星の砂」メイン企画です。ジャンルフリーの小説作品を募集し、年一回開催しています。

2019/3/1~募集開始の「第18回星の砂賞」で、三田先生が審査員となり選考を行います。優秀賞賞金は10万円、受賞作品はもれなく電子書籍化確約の「星の砂賞」に是非あなたの素晴らしい作品をご応募下さい。

スケジュール
募集(エントリー)期間 2019/3/1 ~ 2019/6/30
読者投票期間 2019/7/1 ~ 2019/7/31
結果発表 2019/8下旬(予定)

三田先生からのメッセージ

わくわくしながら書こう。

文章を書くというのは知的な作業ですが、同時に感性の勝負です。単なる思いつきやアラスジではなく、どうやって読者の心に、喜びや、痛みや、感動を伝えるか。登場人物のキャラクターのくふうや、小道具の使い方、背景となる風景の美しさ。そういったものの総合力が、文学作品の価値を決めるのだと思います。映画やアニメを作るのは、お金もかかりますし、多くの人々の協力が必要ですが、小説は一人で書けます。孤独な作業ですが、喜びもひとりじめできます。自分がすごいものを書きつつある……というわくわくした感じで文章を書いてください。そのわくわく感は、必ず読者に伝わるはずです。