瓢花器
瓢 盆
瓢炭入
■栃木県の特産品かんぴょう
その歴史は古く江戸時代より始まります。
生産は7月〜8月にかけて行われ、夕顔の実を
紐状に剥き、真夏の太陽熱にて2日間にわたり
干しあげた乾物食品です。
その夕顔の実「当地では、瓢(ふくべ)と呼んでいます」を剥かずに実を入らせ、乾燥させてから
いろいろに加工した物が「ふくべ細工」です。
本来炭入れとして利用されてきましたが、現在は花器、壁掛け等に多く用いられています。
剥く前の夕顔の実(瓢)
乾燥した加工前のふくべ
餃子ドラえもん、餃子キティ根付、
餃子せんべい等栃木限定品多数
のショッピングサイト
かんぴょう畑
瓢壁掛
その他
干瓢の栄養価
リンク集
栃木県伝統工芸品
ふくべ 細工
瓢の菓子器